「悪くなってからより、悪くなる前にそれが歯科医院との上手な付き合い方。」-定期的なメンテナンスと、正しいセルフケア-

歯周病のご案内

歯周病とは歯周病原菌による感染症です。

成人の約8割が歯周病に感染しているといわれています。最近の研究では、歯周病が心臓の血管に影響し、心筋梗塞を誘発する可能性や、全身に悪影響を及ぼす可能性があることが分かっております。
歯周病は細菌感染に加え宿主の身体的要因、環境要因、遺伝的要因などの様々な因子が複雑に関わっている病気です。ですから、単一の治療法で劇的な改善を得られるわけではありません。一つ一つの治療の積み重ねが大切です。

思った以上に怖い病気

残念ながら、歯周病は、自然治癒は期待できません。ですが、歯周病の進行を止め、予防する事はできます。
考えてみてください。もし口の中ではなく、体のどこかが常に腫れていて、膿が出ていたら、絶対にすぐに病院に行くはずです。
ですが、口の中になると放っておく方が多いことに驚かされます。歯周病は思った以上に怖い病気なのです。歯周病に対する考え方や治療法は、変化してきております。最近では、歯周病により破壊された、歯槽骨や歯根のセメント質などのいわゆる歯周組織をある程度、再生することもできるようになりました。当クリニックでは歯周病治療に真剣に取り組んでおります。歯周病でお悩みの方は是非ご相談ください。

  • prevention_img01

  • prevention_img02

  • prevention_img03

歯周病治療の流れ

歯周初期治療

01

現在の健康状態やこれまでの経緯をお伺いします。

02

歯周組織検査・X線検査・プラーク検査・位相差顕微鏡による検査等を行います。

03

治療しても残すことができないと判断された歯は早期に抜歯します。無理に残すことは、かえってよくない結果を招きます。「歯を抜かないから良い先生」というイメージは間違った判断です。

04

進行した歯周病に対して行われます。

  • prevention_img01

  • prevention_img02

  • prevention_img03

05

歯周病の原因の一つであるプラーク(歯垢)を取り除くために、一人一人に合った正しいプラークコントロールの方法を指導します。

06

歯石とは、バイオフィルム()が時間が経ち石灰化したものです。ご自身のブラッシングでは取り除けません

07

専門の器具を使い歯の表面に付いたバイオフィルム()を取り除きます。PMTCの症例を見る

バイオフィルム歯の表面についている細菌の塊です。虫歯や歯周病の原因となります。多くの種類の細菌がフィルム状の膜で覆われていて、ブラッシングでは取ることができません。
08
スケーリングでは取ることのできない、歯肉の中(見えない部位)の歯根の周りについた歯石等を取り除きます。
09

歯周病初期治療の成果を検査します。

歯周外科

歯周病初期治療では治らない場合、歯肉をフラップ(切開・剥離)し、実際に歯周組織を目で見て徹底的に治療します。

歯周組織再生治療

歯周外科の1つです。歯周病により破壊され失われた歯周組織を再生させる治療です。

エムドゲインについての詳細を読む

再評価及び検査

歯周外科による治療の成果を検査します

メンテナンス

定期的に来院(時期は個人差有)していただき、歯周病の再発を防ぎます。メンテナンスを怠るとほとんどの方が歯周病を再発します。

術前
術後

PMTC

当クリニックではプロフェッショナルなお口のケアを受けることができます。歯周病を予防するためには、歯のプロである歯科医院にサポートを受けるのがやはり一番です。- PMTC - プロによるクリーニング歯ブラシだけでは取り除くことができなかった汚れや、歯に強力に張りついてしまったプラークバイオフィルム(歯の部分的な着色)などは歯科衛生士が専用の器具で行う歯のクリーニングを受けることで取り除くことができます。
定期的(大体3ヶ月に1度)にPMTCを受けることでお口の中の細菌数を少なく保つことができるといわれています。歯の表面もつるつるして気持ちいいので、まだ受けたことがない方は是非一度おこしください。

歯周組織再生療法

GBR

失われた歯槽骨を自家骨・他家骨・人工骨等を用いて再生する方法です。

GTR

失われた歯槽骨をGTRメンブレンという膜を用いて再生する方法です。

エムドゲイン

失われてた歯周組織(※)をエムドゲインというゲル状の薬剤を用いて再生する治療法です。
歯周初期治療終了後、主に垂直性骨欠損に対し、歯周組織(セメント質、歯根膜、歯槽骨)の再生を目的として行われる歯周外科治療です。

エムドゲインRゲルはスウェーデンのビオラ社により開発され、2007年に「歯周病外科治療におけるバイオ・リジェネレーション法」として厚生省より先進医療として認められた安全性の高い治療法です。

  • 術前

    prevention_img01

  • 術中

    prevention_img02

  • 術後

    prevention_img03

※保険外治療とになりますので、詳しくはお問合せください。
※歯周組織再生療法を行えば、必ず歯周組織が再生されるわけではありません。
歯周病が重度に進行し、水平的にほとんどの歯槽骨を失われた場合などは、回復が望めない事があります。

位相差顕微鏡

口の中の細菌を実際に目で見ることができます。細菌の種類により歯周病の進行度を、ある程度判定する事ができます。また、歯周治療による効果を判定いたします。当クリニックでは、位相差顕微鏡による検査を無料で行っています。

  • prevention_img01

  • prevention_img02

  • prevention_img03

ConCool SERIES コンクールシリーズ

フッ素無配合・高い殺菌力・歯肉活性で、インプラントを守ります。インプラントの周りにプラーク(歯垢(しこう))や歯石が溜まると、歯周病のように歯ぐきが腫れたり、血が出たりし、やがてインプラントを支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまいます。そうすると、せっかくのインプラントを維持することが難しくなります。インプラントを永く保つために、毎日の丁寧なお口のケアが大切です。

prevention_img09

ジェルが歯のすみずみまでフッ素コート、高い殺菌力で、ムシ歯・歯周病を予防します。私たちのお口の中は、毎日の食べものや飲みもの、歯についているプラーク(歯垢)やムシ歯菌のせいで、常に酸性に傾きがちです。お口の中が酸性に傾くと、歯の表面のカルシウムが溶け出し(脱灰して)ムシ歯になります。これを防ぐには、歯みがき剤をしっかりと選び、毎日の歯みがきで効率的にフッ素を取り入れるのが効果的です。※フッ素は、歯の表面にカルシウムを取り込み(再石灰化し)、また歯質を強化して、歯をムシ歯から守ってくれます。

prevention_img09

毎日のうがいで、簡単に歯周病を予防します。高い殺菌力で歯周病菌・ムシ歯菌をシャットアウトし、爽やかで心地よい使用感です。歯ぐきが腫れる、痛む、血が出る…これらは歯周病のサインです。30歳以上の日本人の約80%が歯周病といわれています。歯周病は、歯の周りの歯周組織が歯周病菌に感染することで、歯ぐきが腫れたり、痛んだり、血が出たりし、最終的には、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて自分の大切な歯が抜け落ちてしまう、たいへん恐ろしい病気です。そんな歯周病にかからないためにも、毎日のお口ケアが大切です。

prevention_img09

歯肉を活性化し、歯周組織の回復を助ける、歯肉炎・歯肉炎予防ペーストです。健康な人でもオーラルケアを怠ると、歯ぐきがやせ始めてやがては歯が抜けてしまいます。歯ぐきのやせをストップさせ歯ぐきに弾力を与え歯の土台をしっかりさせましょう。※本剤は、元通りの正常な歯肉に戻す製品ではありません。

prevention_img09

SELF CARE セルフケア

当院では、小児用のハブラシとしてEX Kodomoシリーズをお勧めしています。乳幼児用、混合歯列前期用、混合歯列後期用、仕上げ磨き用と年齢や用途に応じて細かく分けられています。かわいい4つのキャラクターと、明るく元気な4色のハンドルカラーでハミガキを楽しくします。ハンドルの形状もお子様のさまざまな握り方に対応出来るように、太めのラウンドハンドルです。

prevention_img09

大人用のハブラシ「ruscello」シリーズです。ルシェロハブラシは、患者様の口腔内に合わせて毛の硬さだけでなく、植毛デザインまで最適化したブラシを処方(選択)できる全く新しいコンセプトの歯ブラシです。また、歯ブラシに合わせてルシェロペースト(歯磨き剤)や、ルシェロフロスの取り扱いもしています。

prevention_img09

ホームジェルは、キシリトール配合による自然な甘さで大人から子供まで幅広くお使い頂けます。他のフッ素化合物に比べ、虫歯や歯周病の原因菌の発育防止に優れた効果があります。また、泡立たないので、すみずみまでフッ素を塗布出来ます。ご家庭用なので、歯磨きの後、毎日続けるほど虫歯が予防出来ます。

子供用の歯磨き剤「GC こども用はみがき」は、フッ素900ppm、キシリトール入りです。お手頃ですが、フッ素濃度がしっかりあります。 歯周病予防のためにギリシャ伝承のハーブを配合した薬用ハミガキ「ルシェロペーストマスデント」、フッ素配合、低研磨・低発泡性の「ルシェロペーストラフランス」はラフランスの香りの大人向け歯みがき剤です。歯みがき剤も数種類の中から最も適したものをお選び頂けます。

清掃補助器具として、歯間ブラシは「プロスペック アングルアクア」を。理想の120度アングルでワイヤーを曲げずに、臼歯部の清掃も楽に行えます。サイズは6種類をフルラインナップしていますので、しっかり合うサイズをお選び頂けます。デンタルフロスも用途に応じて、数種類取り扱っていますのでご相談下さい。

予防歯科のご案内

ご自身のブラッシングだけでは取り除くことができなかった汚れや、歯に強力に張りついてしまったバイオフィルム(※)などは歯科衛生士が専用の器具で行う歯のクリーニングを受けることで取り除くことができます。

  • 術前

    prevention_img01

  • 術中

    prevention_img02

  • 術後

    prevention_img03

定期的(大体3ヶ月に1度)にPMTCを受けることでお口の中の細菌数を少なく保つことができるといわれています。歯の表面もつるつるして気持ちいいので、まだ受けたことがない方は是非一度おこしください。
歯石が付いてから取るのでは、後手の治療になってしまいます。
※バイオフィルム:細菌の塊のことです。歯垢、歯石の原因になってしまいます。

TBI(Teeth Brushing Instruction)

専門の歯科衛生士が患者様一人ひとりにあったセルフケアの方法をご提案いたします。ブラッシングと一言でいっても、その方法は全ての方で異なります。又、歯ブラシの種類や予防のための薬も様々です。
定期的なプロフェッショナルケアと正しいセルフケアが予防歯科において最も重要です。当クリニックでは、患者様一人ひとりにあったセルフケアを処方いたしております。

歯肉が腫れて出血すると来院された方。歯肉炎が見られたので、歯石を取る治療とブラッシングの練習をおこないました。出血も治まり、歯肉も引き締まりました。

prevention_img08

術後の様子です。

prevention_img09

SELF CARE セルフケア

歯周病対策としては、何よりもまずはご自宅での歯磨きをしっかりとしましょう。また、歯ブラシだけでなくデンタルフロスや歯間ブラシを使うことによってより効果的なセルフケアができます。歯科医院での歯磨き指導を受けることをオススメします。基本的には歯周病治療は以上のような流れで行われます。
必要に応じて噛み合わせの治療や抜けた歯を補う補綴治療等のその他の治療も併用して行われます。

top